Project-1

THE FACE of PLACES

"Beyond the Train Window"

English

The Face of Places features Japanese landscapes that I photograph from the local train windows.

In Japan, the train system that covers most of the country is a highly reliable and essential transportation for ordinary people. Nevertheless, I was yearning to ride a train in my childhood as no train was running on my home island. After I moved to the city later, I naturally started photographing the landscapes from the trains.

When I look at the huge amounts of images I collected, I got an idea of digitally overlaying them in the post-production process so that I can extract the essence of the landscapes. As a result of trial and error, using roughly 10 images that were shot sequentially was the best to beautifully encapsulate a certain time and distance.

The Face of Places now consists of two parts - ‘City' and ‘Countryside' of Japan. I am planning to extend this project to other parts of the world so that I would be able to showcase the contrast of regional characteristics on a global scale.

日本語

これは列車から撮った日本の景色です。

列車というのは、日本ではメジャーな交通手段の1つで、都市部から田舎まで網羅的に線路が張り巡らされています。
ところが、私の出身地である離島には列車がなく、幼い頃の私は、列車に乗るということに強い憧れを抱いていました。
大人になり街へ引っ越した後、いつの頃からか車窓から見える景色を撮影しはじめます。
膨大な枚数の写真を見返している時に、それらを重ねて景色を凝縮することを思いつきました。

連続で撮影された10枚程度の写真をデジタル処理で1枚にまとめています。
こうすることで、時間と距離を圧縮しています。

私はこの手法を用いて「都市」と「地方」の2つをテーマに撮影しています。
これらの写真には、日本の日常的に見られる風景が映り込んでいます。
複数枚を1つにまとめることで、それぞれの地域性を浮き彫りにしています。

こうして見える景色は「地域の様相(The Face of Places)」だと考えています。
将来的には世界中の国でも同じ手法で撮影することを考えています。

コメントは受け付けていません。