Project-2

The future of a small village in Japan

English

This is my ongoing project.

Kazuhiro's grandparents on his mother's side lived in one of the houses of a isolated village.
His mother moved to city for work and her life, and Kazuhiro also moved to the other prefectures from hometown for going on to university.
Now he does not return.
He lost his grandfather in 2015 in a year.
After that, the grandparents' house is not occupied now.
He visits there several degrees in a year for sweeping and cleaning.
One day, he has wanted to do like the former life of his grandparents, he searched for the place of the old charcoal kiln, took a bath heated with firewood, and went to bed hearing the sounds of the insect and the wave.

In this village, more than 80 people lived in the early 1900s.
Only three people over 70 years old live there as of April, 2016.
The children of these old men do not come back after having left the village for entering a school of higher grade, finding employment, or marrying.
Of course the grandchildren of them also do not be there.

A depopulation marginal village  caused by a man moving to the city is now vanishing.

In Japan, the issue of Tokyo's overconcentration has been raised  for years and years.
140,000 people moved to Tokyo from other areas only in 2015.
This is the same figures as people living in the one of local town of Japan.
There are lots of young people who moved from hometown and they will not return.
So young people disappear from the district in Japan.

日本語

これは現在作成中のプロジェクトです。

人里から離れた集落の数多く建ち並ぶ空き家の一軒に、かつてカズヒロの母方の祖父母は住んでいた。
カズヒロの母親も、仕事や生活のために市街の方へ引っ越し、彼もまた進学や就職のために他県へ引っ越したきり戻っていない。
2015年に祖父を亡くした彼は、今はだれも住んでいない祖父母の家を掃除するため、年に数度、そこへ訪れている。
そしてある日、祖父母のかつての生活を追体験したくなり、昔の炭焼き窯の場所を探索し、薪でわかしたお風呂に入り、虫の声と波の音を聞きながら床につく一日を過ごしたのだった。

この集落は1900年代初頭に80名余りが生活していました。
ところが、2016年4月時点では70歳を越えた3名しか住んでいません。
この老人たちの子ども世代は、進学や就職、結婚を機に集落を出て行ったきり戻っておらず、もちろん孫世代もここには住んでいません。

人が街へと移り住んでいった結果、辺境の集落が今まさに無くなろうとしています。

日本では、東京一極集中による人口移動が問題であると叫ばれて久しくなります。
2015年だけでも他の地域から東京へと移り住む人が14万人もいます。
これは地方の町一つが、まるごと移り住んでいるのと同じようなものだと言えるでしょう。
若い人たちのなかには、大学進学や就職を機に大都市へ出て行ったまま、地元へ帰らない人も多くいます。
そうして、地方から若い人たちがいなくなっていく現状が、ただそこに存在するのです。

コメントは受け付けていません。